できる新入社員になるための参考書

テスト
新入社員

社会人一年生としてスタートした新入社員のみなさん。入社した以上は、できる社員になって活躍したいと誰もが思うはずです。

でも、どんなことに心がけたらいいのか、具体的に何をしたらいいのかわからない。

ネットや巷にあふれるマニュアルをみても、理想像が高すぎてピンとこない!

そんな悩みを抱えていませんか?

ここでは、

「どうしたら、できる社員になれるのか?」

「どうしたら、デキる社員の一歩を踏み出せるのか」

簡単な方法を紹介します。

ダメ新入社員のレッテルを張られないためには?

そためには、やってはいけないことを知ることから始まります。

悪い手本にたくさん触れて、それやらないように心がけることです。

こんな簡単な方法はありません。

 

悪いお手本には沢山のヒントが隠れています。

「それマジでヤバくねぇ?」

 

と感じたら同じような過ちを犯さないように未然に防いでいただければ嬉しく思います。

 

もしかしたら、もうすでに同じようなコトををやらかしてしまった人もいるかもしれません。

 

でも、新入社員の頃であれば、殆どが多めに見てくれるものです。なので落ち込まないでくださいね。

 

だからといって、同じことを繰り返したらダメですよ。

実例から学ぶ教訓

開いた口が塞がらない編

 

「新人が担当するプロジェクトの重要な会議の日に『その日は誕生日だから休みます! 先輩代わりに出てください!』とさも当然の権利かのように主張した新人。開いた口が塞がらないとはまさにこのことだと思いました」
「入力するデータを、指示した資料と違う物を使用していたので指摘すると『でも合ってるから大丈夫です!』とやや逆ギレ気味に反論された。合っているかどうか決めるのはあなたじゃないんですけど・・・」
「接客業なのにスッピンで出勤してきた。『メイクしてきて』と伝えると『アレルギーなのでできません』と断ったくせに、その後の他社との打ち合わせの際にはバッチリメイク!!
「飲んで上司にタメ口、絡み出した。前日飲み過ぎて、寝坊して迎えにいくまで起きなかった」
「歓迎会で、終わりに『みなさん私と番号交換してくださいー!』って、友達じゃないんだから・・・と一同ドン引き」
「『○○さんて××(キャラクター)に似ている~』と全く物怖じせずに言い、その時からわたしを『××ちゃ~ん』とそのキャラクター名で勝手に呼んできた」
半日もあれば終わる仕事がなかなか終わらないため、どのように作業しているか聞いたら、「ネットサーフィンしてます」と爆弾発言。ネットショップやSNS、ニュースサイトを眺めてのんびり仕事していたようです。
「説教されている最中にお菓子を食べる」
「『友達のバンドの初ライブがあるから』と自分の歓迎会をドタキャン」
取引先に連れて行った新人。自分から積極的に先方に挨拶しないので注意したところ、「知らない人には自分から声をかけるものではない」という理由で挨拶しないとのこと。
仕事の説明をしたら「自分、Excelできないのでこの仕事はできません。帰っていいですか?」と言ってきた。
男性の新入社員なのですが、勤務初日から休憩時間でもないのに突然自分のデスクで大きな折りたたみ型のミラーを広げ、油取り紙で顔のお手入れを始めました。今の若い男性は当たり前なのでしょうか・・・。
職場でトラブルが発生し、全員が残業する中、「見たいアニメがある」という理由で堂々と定時帰宅した新人がいた。私もそれ、見たかったわ。
「入店初日に彼氏を職場に連れてきて、店長を『可愛いでしょ?』って紹介してた・・・」
「燃えるごみ、燃えないごみの区別が全くつかなかった新人。なぜかと聞けば、今まですべて母親がやってくれていたそうだ」
「出勤初日に母親が同行、社内ツアーまでした」
電話番をさせた新人。電話がかかってきて、何とか対応はできたみたいなのですが、メモを一切取っておらず、誰からかかってきた電話かもわからなくなってしまいました。新人が言うには、「電話を取るように言われたが、メモを取るようには言われなかった」とのこと・・・。
「ものすごく可愛い女の子の後輩が、全社員300人位の前で行う自己紹介で、『みなさん宜しく』と言って終わった。普通、宜しくお願い致しますでしょと会場がザワザワしました」
「まだ大学生気分が抜け切らないのか、お客様に対して『え?マジですか?』という言葉遣いをしてしまい、クレームの原因に・・・お客様から聞いた時わたし自身も驚きました・・・」
「入社当初から居眠りしている上に、『私、ほめられて伸びるタイプなんです』と自分から言ってきた」
会社内で色々食べ物や飲み物を揃えて新入生歓迎の飲み会をすることになり、社長がポケットマネーで5万円くれました。その費用を新入社員に渡して材料などを買ってくるよう言ったところ、何故か競馬で全部使ってしまいました。信じられませんが、本当です。
「部署の飲み会で、幹事やほかの出席者に事前に何も言わずに途中で『お疲れ様でした!』と言って帰って行った」
「急に金髪にしてきて、『それでは仕事にならない』と言ったら、『じゃ、帰ります』と言ってそのまま休もうとした」
「入社した日に『副業でアルバイト始めたいので、今日面接行ってきます!残業はできません!』発言をした子がいました」
「事務所に夏場アイスクリームのお中元が届いた時、保冷用に入っていたドライアイスを流しの洗い桶に入れて、そこに、水を入れて、スモークをもくもく立てながら運んで来て足元に置いた。どうしたのと聞いたら、『自然のクーラーです。エコです』と言われた」
「歓迎会で先輩女性社員(36歳)が何歳に見えるかという話題になった時、新卒の女の子が一言『48歳』と。若く見える人だったのに、なぜ…(笑)」
「社内が寒いのか何なのか、ブランケットを頭からかぶっていた」
部長が不在の時電話が鳴ったから、そばにいた新入社員が出て「部長はどっかにいかれちゃってます」と応えた。
新入社員歓迎会への参加を確認すると、「ママに電話で確認します」と言われました!あなたの歓迎会なのに何をママに確認するんですか?社会人にもなって「ママ」というフレーズにも仰天です!
「部長の机の電話が鳴ったけど、部長は不在だったので、代わりに新入社員が電話に出て「部長は、どっかに行っちゃってます」と応えた」
共用物(USBメモリや専用PC)を私物化する。USBには自分のデータを保存したまま返却、もしくはそのまま自分の机の中にぽい。
雨の日だったけど、外回りを命じたら
「雨の中、普通に出社させられるだけでも不愉快なのに、外回りなんか行きませんよ」と断られた。
とにかく漢字を知らない新入社員で、中学生レベルの漢字も危うい。しかし本人は、「別に漢字で書かなくてもいいんじゃないですか」と呑気に構えています。
新入社員がいないと思ったらずっとトイレに隠れていた。

同情編

 

ここからは、逆に同情したくなる編です。

前もって事前教育がなされていないから、思わず口にしてしまったと思えるような内容です。リーダーの無能さが表れています。

「教えざる者の罪」に値すると思います。

 

「20歳の新人女子社員が40代のマネージャーに仕事を教わり、マネージャーが終わろうとしたとき、『ちょいちょいちょいちょい!!! ちゃんと教えて下さいよ!!!』とキツい口調ですごんでいた」

※ これは逆に、マネージャーとしての資質を疑ってしまいますね。キツイ口調になってしまったのは、真剣に覚えようとしていた心意気に対して「真剣に応えてくれ」という気持ちが伝わってきます。

「コーヒー飲まないので作れません」
「怖いので電話取りたくありません」
※ これは、事前に教えるべきことです。新入社員が悪いのではなく「教えざる者の罪です」

飲み会や会議でちゃっかり一番上座に座り、それを見た周りがザワついている。

※ その場で周りの人たちがなぜ、アドバイスしないのか会社の体質を疑ってしまいたくなります。

「メモは取らずに写メ(ケータイやスマホの写真)で済ませる」

※ メモはメモ帳に取らないとダメだということないと思います。いちいち、手書きで書きとるよりは効率的だと思います。

「やる気がないなら帰れ!」と言ったら本当に帰る。

※ 無能なリーダーや先輩がよく口にする言葉ですね。

プレゼン用の資料が期日までにできていなかったので理由を尋ねると、「失恋してできませんでした」とのこと。そんなことは理由にならない、と叱ったのですが、本人はとにかく失恋したことで気落ちしていて、逆に愚痴を聞かされフォローを入れさせられるハメになってしまいました。

※ 理由に微笑ましくなりました。

恋人と別れたことがあまりにショックで、トイレにこもって3時間出てこなかった新人がいました。上司が温情で、その日は早退させてあげていたのですが、翌日にはケロッとしていました。人騒がせな・・・。

お客様へのお茶出しを頼んだら、「気付いた人が入れればいいんじゃないでしょうか?」と返されました。

※ 事前の教育不足です。

入社から1週間の新人君のために歓迎会を行うことになりましたが、本人が「それって残業代出るんですか。付き合いの飲み会は業務ですから、残業代出ないなら参加しません」と言った。あなたのための歓迎会だよ・・・。

※ 一理あるかもしれませんね。自分の貴重な時間がつぶれるわけですから。

飲み会の多い営業に配属された新人社員。酒癖が悪いタイプだったらしく、初めての飲み会から周りの先輩に無理矢理のませるなどして大暴れ。その後しばらく、飲み会参加禁止になりました・・・。

※若いうちはこれでイイんです。

入社式まで出た女性新入社員が翌日から来ませんでした。上司が電話して確認したところ、「社内の雰囲気や業務が思っていたのと違ったので働く気がなくなった」ということなのですが、それにしたって連絡くらいあってもいいと思うのですが。

※ もしかしたらブラックの要素があったのかもしれませんね?

上司から仕事の指示を受けるたびに、親に連絡して相談している新人を見たことがあります。

※初めての世界だから気持ちは分からなくもないけど、いつまでも親は存在しないわけだから自立しましょうね。

若さの特権?

 

オフィスにある時計を早めて、早く帰ってしまいました。上司は気付かなかったようです。

※これくらいの悪知恵が働かないと世の中渡っていけません。

 

巷では「ゆとり世代は...」「ゆとり教育世代は...」と、新入社員をを批判する声をよく耳にします。

 

でも、世の中ってのは努力すれば何とかなる、頑張ればなんとかなるほど甘くないのです。

 

必死に頑張ってもどうにもならないことの方が多いのです。

 

このことは周りの親や大人たちが一番知っているはずなんです。

 

それを教えてこなかった学校の先生や親、周りの大人たちに大いに責任があると思っています。

 

だからといって、周りのせいにしてはいけません。

 

悪い手本をもとに、少しずつ、自分のダメな部分を捨てていけばいいのです。

 

何年か後には、その失敗が笑い話になっているはずです。

 

 

ー以下続くー

タイトルとURLをコピーしました