若い世代が就職に対して考えるべきこと

テスト
若い人へのメッセージ

人口の推移から予測できること

少子化が進む中、年々外国人労働者が増え一緒に仕事をする機会が増えてきます。今までは日本人どうしが関わり合いながら和気あいあい的な環境の中で仕事をしてきました。でも、これからは異国の人と関わり合いながら仕事をする時代に変わっていくのです。

環境の変化に対応するための必要なスキル

柔軟なコミュニケーションスタイル

日本は外国人労働者に人気がある一方で不満の声も数多く聞かれます。以下はアデコ株式会社が実施した「日本で働く外国人の意識調査」結果の一部引用です。

調査結果から「空気を読む」「気持ちをくみ取ってくれ」「察してくれ」などの阿吽の呼吸といった日本人独自のコミュニケーションスタイルでは通用しないということが読み取れます。

必要なスキル

語学力

コミュニケーションが上手くとることができない最大の原因は言葉の壁に他ならないのです。

仕事の内容や指示を上手く伝えることができないと、誤解を招くことになりトラブルの原因になり円滑な人間関係を築くことが困難になります。

引用:厚生労働省「外国人雇用状況」

 国籍別の労働者の数は中国とベトナムが圧倒的に多く、ついでフィリピンとなっています。またベトナムは年々増加傾向にあります。

 最低でもこの三ヶ国の、最低限の語学レベルは身につけておく必要があるといえます。

リーダーシップ

外国人労働者を積極的に受け入れているのは主に中小業です。
また、新卒や転職で選ばれる就職先も一番多いのが中小企業です。
ということは、これからの若い人は好むと好まざるにかかわらず外国人労働者と接していかなければならないのです。
多様化する中での語学力とリーダシップが発揮できるということは、その企業にとっては成果を出せる人材だということです。
今後、より重宝されることになるため、今からリーダシップを学んでおくことで可能性が広がるといえます。

まとめ

これから国人労働者の受け入れはますます加速する可能性が高く多種多様な人材と仕事ができ、たくさんのビジネスチャンスも生まれると思います。

例えば、どこの企業も言葉の壁があるため円滑なコミュニケーションに苦労しています。

語学力やリーダシップ力に優れていると、アドバイザー的な分野で起業できるかもしれません。

ゆえに、外国人労働者が増えるということはビジネスチャンスだと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました